Windows インストール手順

Windows
macOS
android
STEP.1
インストール
STEP.2
自動スキャン設定
STEP.3
管理ポータル

【はじめに】
Windows版は、無料診断機能を持つインストール管理画面と、ライセンス保有者が利用する管理ポータル(マイページ)によって構成されています。

【初期】インストール用管理画面
対象:無料診断機能、初期導入、購入更新

PC Matic インストール用管理画面

WEBアプリケーション

【日常】管理ポータル(マイページ)
対象:ライセンス保有者によるフル操作

PC Matic Mypage画面


ブラウザー (パソコン、タブレット横画面)

【セキュリティソフトの停止・削除】
インストールから「PC Matic SuperShield」を開始してセキュリティ機能を有効にする手順をご紹介します。

インストール前、既存セキュリティソフトを必ずアンインストールします。無料診断を利用する場合は、セキュリティソフトを一時停止します。問題が発生した場合は、FAQをご参照ください。

マニュアル (PDF)
  1. パソコンに購入時にインストール済のもの、または導入したセキュリティソフトを本手順実行前に、必ずアンイントールします。

    セキュリティソフトは一般アプリと異なり、Windowsシステム上で複数を共存させることはできません。

    セキュリティソフトが不明な場合

    【注意】マカフィーウイルスバスターノートンは、標準設定のままアンインストールしてもアンインストールされません。(アプリケーション一覧に非表示)このため、マカフィーおよびウイルスバスターが以前導入されていたパソコンでは、「公式アンインストールツール」を利用していただく必要があります。上のボタンからのページの下部に「公式アンインストール」へのリンクボタンがございますので、ご活用ください。

    PCMaticが既にインストールされている場合は、これらのインストール手順は必要ありません。PC Maticに年次版はなく常に最新版へ自動更新されています。

    【競合確認済:要アンインストール】
    WiseCare 365(中国), Glary Utilities(中国), CCleaner(英国), Speccy(英国),
    Spybot Anti-Beacon (英国), Security Reviver(米国)

  2. 「PC Matic 初期導入プログラム」のインストールを行います。

    以下のボタンよりダウンロードしたファイルをダブルクリックします。
    (図の場合はデスクトップに保存したpcmatic-setup-1300.exeを開いています)

    プログラムダウンロード PC Maticのインストーラーの起動
  3. 表示された画面で使用する言語を選択します。

    ここでは「日本語」を選択して「OK」ボタンを押します。

    使用する言語を選択
  4. 次へを押して先に進みます。
    セットアップウィザードで次へを押す
  5. 規約に「同意します」を押して「次へ」を選択します。
    規約に同意する
  6. インストール先を選択します。

    変更する必要がない場合は、この画面では何もしないで「次へ」を押してください。

    インストール先の選択
  7. プログラムグループを指定します

    変更する必要がない場合は、この画面では何もしないで「次へ」を押してください。

    プログラムグループの指定
  8. 追加タスクを選択します。

    デスクトップにアイコンを作成するか、クイック起動にアイコンを作成するかを選択してください。選択が終わりましたら「次へ」を押してください。

    追加タスクの選択
  9. 選択内容を確認し、「インストール」を押します。
    インストールボタンを押す

    インストールの途中で停止し「中止」「再試行」「無視」が表示される場合は、「こちら」をご参照ください。

  10. 「PC Maticを実行する」にチェックが入っているのを確認し、「完了」ボタンを押します。引き続きPC Maticインストール用管理画面が起動します。
    インストール完了後にPC Maticを起動する
  11. 【イントスール管理画面】
    画面が表示されます。

    「PC Maticは読込み中」と表示されます。Active-Xコントロールをインストールするか聞かれた場合は、「OK」ボタンを押してください。初回起動時にPC Maticのアプリケーションを多数ダウンロードするため、10分程読み込みに時間を要することがあります。それ以上時間を要している場合は、キーボード上の「F5」キーを押して画面を再描画させてください。

    インストール完了後にPC Maticを起動する

    【読み込み中のままのトラブル解決リンク】
    Wi-Fiルータの電源を落とし、再投入してリセットしてください
    セキュリティソフト等が通信妨害しています。アンインストールしてください。
    併用できないソリューション一覧

  12. 「新規にアカウントを作成する」を選択します。2台目以降にインストールする場合は、1台目導入の際に作成したアカウントの電子メールとパスワードを入力して「ログイン」を押します。

    新規にアカウントを作成する

    【本画面上での事象別トラブル解決リンク】
    「Runtime Error」や「Active-Xコンポーネントが実行できない」が表示された
    10分経過しても表示されない場合

  13. 必要事項を入力して「アカウントを作成」を押します。
    アカウントの作成を押す

    (ライセンス・サブスクリプション)認証キーをお持ちの方は、こちらで入力します。キーは必ず半角で入力してください。電子メールアドレスに「+-,」を利用することはできません。
    「パスワード」は、+-*#=! など記号を含めてください。

  14. 先ほどアカウント作成で入力したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

    作成したアカウントでログインする
  15. 【初期診断(スキャン)実施】

    「スキャン」ボタンを押して初期診断を実施しパソコンを正しく認識させます。

    走査ボタンを押す
  16. 「スキャン」を押すと右側にスキャン状況が表示されます。

    初期スキャンにより、パソコン快適化およびパソコン内にある実行ファイルのうちPC Matic社による未監査のアプリケーションを探索しクラウド監査に回します。

    「スキャン」を押すと右側にスキャン状況が表示されます。
  17. 初期診断(スキャン)が開始されます。

    スキャン中にScriptエラーが表示されても「OK」を押してそのまま続行してください。※Scriptエラーは自動的に修復されます。

    【本画面上での事象別トラブル解決リンク】
    利用可能台数を超過してのスキャンはできません。【ライセンス開放】
    「ドライバーを調査中」の項目で30分以上止まっている
    「クラウド上に結果を送信中」の項目で30分以上止まっている
    「セキュリティチェック」の項目で30分以上止まっている
    初期スキャンの挙動が不安定である場合
    その他の問題が発生した場合は、FAQをご参照ください。

  18. 【診断終了と結果閲覧】
    初期診断が完了し、無料ユーザーである場合は別ウインドウで購入画面が開きます。ライセンス利用者はカート画面は表示されません。インストーラ管理画面に戻るには、「ダッシュボード」アイコンをマウスでクリックしてください。「前回のテスト」または「報告書」より、診断結果をご覧いただけます。
    購入

    サブスクリプション権による認証を行う場合は、以下を参照してください。2台目以降の場合、既にライセンス情報は電子メールに紐ついているため本作業は不要です。 サブスクリプション認証キー利用方法

    PC Matic 診断結果 画面例
    管理画面に戻るには、「ダッシュボード」アイコンをクリックしてください。

    PC Matic 診断結果
  19. 【エンドポイント保護の導入】

    「保護されていません」と表示されている場合は、ここを押します。
    「保護されています」や「開始中」と表示されている場合は、導入済です。本ページの以降の作業は必要ありません。 【次のステップ】へお進みください。

    保護されていませんを押す
  20. 「インストール」ボタンを押します。 インストールボタンを押す
  21. 画面が下記になったら、エンドポイント保護「SuperShield」導入完了です。

    開始中のままのしばらく表示されますが、自動的に完了します。

  22. タスクトレイにあるアイコンを確認します。タスクバーの「▲」を押すことで表示されることもあります。

    Windowsタスクバーの右側にあるタスクトレイ上にPC Maticのアイコンを表示させます。

    Windowsの「設定」-「個人用設定」-「タスクバー」-
    (Windows 10)「タスクバーに表示するアイコンを選択します」
    (Windows 11)「タスクバー コーナーのオーバーフロー」
    にて、「PC Matic SuperShield」を「オン」にします。

    シグネチャをダウンロードしたり、脆弱性を抱えたアプリケーションがある最は、黄色アイコンになります。シグネチャーのダウンロードが完了すると自動的に緑色になります。

    アイコンが黄色 アイコンが緑色
  23. 導入により、セキュリティ保護が有効になりました。

    標準設定の政府推奨基準である「SuperShield保護」は、その厳格なセキュリティ基準により、未監査および脆弱性を含むアプリは起動が阻止されます。未監査のものはクラウド上のAIサーバで監査にかけられ、善良と判断されたものはやがて自動的に起動可能となります。
    2009年以前のアプリは脆弱性を含んでいるため起動許可はなされません。このため、他社製品同様の空港保安レベル「ブラックリスト保護」へ一時的に切り換えてご利用ください。

    アイコンが黄色
  24. パソコンを再起動します。

    【次のステップ】診断自動実行スケジュールの設定