端末運用管理 RMM機能 / PC Matic PRO

RMM:セキュリティオペレーションセンター & 遠隔運用管理

標準料金にて、端末運用管理機能(RMM)もご利用頂けます。

複数のソリューションを横断する必要がなく、統合により利便性が向上します。

  • IT資産管理機能で、生産性の落ちているパソコンを把握可能
  • ソフトウェア資産管理(ISAM)
  • 独自リモートデスクトップ機能で管理者が画面共有
  • 遠隔端末のファイル送受信、
    コマンドプロンプト実行
  • USBストレージの利用制限
  • Windows RDP利用制限(接続元限定、時間帯など)、接続履歴

端末情報

  • 端末ハードウェア情報詳細取得
  • 導入済アプリケーション一覧
  • CPU負荷、RAM・ストレージ利用率監視
  • リソース・セキュリティ
    アラート通知
  • 世界ランクによる端末陳腐化評価
  • 運用状況レポートを自動的にPDF送信
  • Windows Server稼働監視

端末操作

  • 独自リモートデスクトップ
    (管理→遠隔)
  • ファイルマネージャー
    (遠隔←→管理)
  • コマンドプロンプト
    (管理→遠隔)
  • 再起動
  • スリープ制御
  • 管理者端末 多段認証

端末快適化

  • レジストリ最適化
  • TCP/IPパケット長 最適化
  • HDD:デフラグ
  • ファイル断片化修復
  • 不要スタートアップ削除
  • 一時ファイル削除

IT資産情報の把握 (ITAM)

IT資産情報の把握

IT資産管理(端末の稼働状況を把握)

CPU、RAM、ストレージ、BIOS verなどの詳細な情報を表示。CPU負荷率やRAM、ストレージの占有率などを把握可能。世界中で利用されているパソコンから平均値を出し、遅くて陳腐化しているかを把握することができます。

セキュリティ状況も一目瞭然

危険なアプリケーションを良く起動させようとしている端末を即座に把握可能。社員教育に役立ちます。

端末稼働状況レポート

PDF形式にて端末稼働状況レポートを定期的に配信可能。問題が発生している端末の早期発見に役立ちます。

広範なアラートとレポート

アラートとレポートをカスタマイズして、SMSまたは電子メールで自分と顧客に自動通知します。

ソフトウェア資産管理(SAM)

導入済アプリケーションの把握

端末のアプリケーション一覧を取得

古いアプリケーションを利用している端末がないか、有料アプリケーションのライセンス数は正しいか把握することが可能です。

稼働プロセス一覧で、不正利用を把握

組織単位で稼働したプロセスの一覧を取得できます。利用禁止にしているアプリケーションやウイルスが稼働した形跡はないか。その端末特定と稼働日の把握。そしてクリック1つで起動禁止を設定できます。

アプリケーション稼働ロギング

自動・手動による起動したアプリケーションの全ログ(exe,スクリプト等)を改竄不可能なクラウド上に記録します。端末には負担をかけません。

リモートデスクトップ搭載(RDP)

リモートデスクトップ搭載

オリジナルのRDP

セキュリティ面で不安視されているWindows RDPではなく、オリジナルのリモートデスクトップ機能を管理者向けに搭載しています。

LTEや衛星通信に対応

細やかなオプション設定により、LTE回線などの細い通信帯域でも利用可能としました。

多拠点保守に最適

膨大な数の端末を保守運用管理する際に大変便利な機能です。POS、デジタルサイネージ、キオスクに最適です。

USBデバイスの不正利用を防止

USBデバイスの不正利用を防止

OSレベルで強固な制御

USBメモリ、SDカード、外付けHDDなどを利用不可とする制御を組織ごと、パソコン単位で指定可能です。パソコンからの情報漏洩を防ぎます。

ファイル送受信

ファイル送受信

管理対象端末へファイル送受信

管理対象端末へファイル送受信が可能で、保守作業を容易にします。

MyDocumentは利用不可

企業内プライバシーも担保されています。

コマンドプロンプト実行

ファイル送受信

管理対象端末のコマンドプロンプトを実行可能

管理対象端末へコマンドプロンプトを管理端末から実行させることが可能です。これにり現地を訪問することなく、ほぼすべての対応が可能になります。

Windows RDP 拡張制御

Windows RDP 管理

接続制御(有効日時設定)、接続記録

RDPをリモートで有効化、無効化、有効スケジュール、または一時的に有効化できます。全セッションの詳細は、接続ログで詳細に把握確認可能です。

RDP 接続元限定

リモート接続を許可する管理者の端末を限定し、すべての不明な端末セッションを接続拒否することにより、Windows標準のリモートデスクトッププロトコルを保護します。

リアルタイムRDPアラート

新しいRDPセッションが確立された場合、セッションを強制終了するなど、迅速で即時性のある電子メールによってアラート通知を取得できます。

管理者 端末認証

管理者 端末認証

管理者による利用端末を限定

不正な端末のアクセスをブロックする独自の多段階認証により、管理画面とツールの利用を特定管理者に限定し、安全性を担保します。