米国事例 / 公立病院での利用事例 / PC Matic PRO

米国事例/公立病院

課題

著名セキュリティソフト導入にも関わらず、ランサムウェア被害にあい、電子カルテなどあらゆる病院内の情報を喪失。バックアップから復旧させるまで、6時間以上、患者の対応を行うことができず混乱した。患者や地域住民から再発防止策が求められた。

導入の経緯

採用の決め手:ランサムウェア対策、関係者のパソコン運用管理

ある公立病院は、著名セキュリティソフトを導入していたのにも関わらず、ランサムウェア被害にあいってしまった。米国・英国の病院がランサムウェアへの身代金支払いを過去行ったため、病院への集中攻撃がなされている。しかし、大手のセキュリティソフトを導入しているため、自らが被害者になるとは思いもよらなかった。

ランサムウェア被害のあと、地元警察・FBIに連絡をしたところ身代金を支払わないように強く要請。バックアップによりシステムを復旧させたが、前回のバックアップから直近までの情報は失われた。復旧には約6時間を要し、その間は業務がペーパーベースと医師・看護師の記憶が頼りになった。

ランサムウェア被害にあった病院が、その後 PC Maticに乗り換えているとの評判を聞きつけ、採用に至った。

全米で多数の私立・公立病院で導入されている。

利用事例に戻る