米国事例 / 郡保安官の利用事例 / PC Matic PRO

米国事例/郡保安官

課題

カリフォルニア州ロセンゼルス市 Iberville Parish保安官事務所は、カスペルスキーやノートンを導入していてましたが、マルウェアやランサムウェア被害に遭遇しました。捜査情報など膨大な量の情報を喪失しました。市民のために対応が求められていました。

導入の経緯

採用の決め手:強固なランサムウェア対策、車載パソコンへも対応

この保安官事務所は、著名セキュリティソフトを導入していたのにも関わらず、ランサムウェア被害にあいってしまいました。まさか保安官事務所がランサムウェア被害に会うとは、思いも寄りませんでした。

ランサムウェア被害により膨大な量の情報を喪失し責任問題を大きく問われました。また地元市民へ再発防止の説明が求められました。

次世代エンドポイントセキュリティ製品としてPC Matic PROを採用し、2017年で3年が経過しました。採用以降、マルウェアやランサムウェアの被害には遭遇しておらず、IT担当者は大変満足しています。その後、所内のパソコンから、車載パソコンへも利用範囲を広げました。(詳しくは、下の事例ビデオをご参照ください)

2017年末時点で、全米にて少なくない数の郡保安官事務所および警察で採用されています。

利用事例に戻る

Iberville Parish保安官事務所 事例ビデオ