米国事例 / 大手航空会社での利用事例 / PC Matic PRO

米国事例/大手航空会社

課題

著名セキュリティソフトが続々とWindows XP対応を終了。しかし、自動チェックイン機とカスタマーセンターでは、それぞれ数万台と数千台がXPで稼働していました。

導入の経緯

採用の決め手:Windows XP対応と稼働監視

自動チェックイン機とカスタマーセンターでは、膨大な数の端末が接続され、これらを完全に最新環境へリプレースするには、時間と予算が必要でした。しかし、大手セキュリティベンダーは、Windows XPへの対応を終了していました。

システム担当者は、Windows XPに対応した、強固なエンドポイントセキュリティ製品が必要でした。そこで特許申請技術であるグローバルホワイトリスト方式を採用したPC Matic PROを見つけました。

自動チェックイン機の稼働管理は、チェックインカウンターのスタッフが受け持っていました。いまではPC Matic PROのもつ稼働監視機能により、お客様より指摘を受けて、現場スタッフが対応することなく、システム担当者が対処することができるようになり、ダウンタイムを大きく削減することが可能となりました。

利用事例に戻る