パソコンが遅くなる原因 / PC Matic

パソコンが遅くなる4要因

パソコンは、使い続けていると様々な理由が原因で動作が遅くなります。
その原因と対応方法を詳しくご説明します。
ウイルスが影響

ウイルスやセキュリティソフトが影響

セキュリティ対策ソフトはパソコンを遅くする原因の第一であることをご存知ですか?未知のウイルス対策、不正なサイトアクセス防止、ファイアウォール機能はパソコンを遅くします。

さらに詳しく
メモリ容量が影響

メモリ容量が影響

パソコンのパフォーマンスは、パソコンに搭載した実メモリの容量に大きく依存しています。購入当初から実メモリが不足している場合やパソコンを長く使っていく中で、バージョンアップによって肥大化したアプリケーションがメモリ空間を必要とするなど様々な要因によりメモリ空間は圧迫されていきます。

さらに詳しく
ハードディスク(HDD)が影響

ハードディスク(HDD)が影響

ハードディスクのパフォーマンスを最も左右しているのは、その空き容量です。最低でも50% の空き容量がCドライブにあることをお勧めしています。空き容量が減少してくると、パフォーマンスは劇的に低下します。

さらに詳しく
ドライバーによる影響

ドライバーによる影響

パソコンの周辺機器を購入した際にインストールをする「ドライバー」は、様々な理由から頻繁に更新されています。特にグラフィクスドライバーは速度改善のためのバージョンアップが購入から2年以内は多くあります。

さらに詳しく

さぁ、いますぐ無料でパソコン診断

PC Maticの無料診断版をダウンロードする事で、パソコンを遅くしている原因を把握していただけます。
パソコン快適化

PC Maticは、パソコンメーカのサポートスタッフが顧客サポートのために活用していたノウハウを凝縮して作られた診断ソフトウェアが基になって作られています。

無料診断版ダウンロード

PC Maticの無料版を実行することで、以下のリンクから見ることができる「診断結果」が表示され、自分でパソコンが遅くなってきている原因を把握することができます。この原因を基に自分で遅くなっている原因を治すことができます。

診断結果の解説

無料診断結果をもとにして、自分で無料で直すことができるノウハウを以下のリンクにて掲載しています。自助努力で行うことができれば、支払いの必要は一切ありません。

診断結果への対処方法