PC Maticの製品概要 / PC Matic

パソコン本来の性能を引き出すセキュリティソフト

セキュリティ対策+高速化

PC Maticは、Windowsパソコンを快適に使い続けるために必要な「セキュリティ対策」と「PCチューニング」を1つにまとめたソフトです。

セキュリティ対策では、ビッグデータに基づいた人工知能を利用した次世代エンドポイントセキュリティを搭載しています。多くのセキュリティ対策ソフトがもつ「ブラックリスト」と「ヒューリスティックスキャン」の2つのエンジンに加え、世の中に存在する膨大なアプリケーションを事前監査することで、強固さと軽快さを「ホワイトリスト」によって実現しました。

その結果、2016年2月に第三者機関「VirusBulletin」より発表され2015年版のWindows 7 Proにおける「既知のウイルス防御」「未知のウイルス防御」のテストで、世界No.1を獲得獲得しました。

また、旧来のセキュリティ対策は、パソコン内で殆どすべての処理を行うため、セキュリティエンジンによるアプリケーション起動の遅さと防御力はトレードオフであり、防御力の高さを追求するとパソコンの動作は遅くなってしまいます。しかしPC Maticは、新たなアプローチによって「軽快さ」と「防御力の高さ」を両立しました。

セキュリティ対策の詳細

PCチューニングは、様々な要因で動作が遅くなるWindowsパソコンの問題点を修正し、快適に動作するようにします。
パソコンの動作が遅くなる要因は、全てのパソコンで共通しておらず、ベンダー、ドライバ、アプリケーション、そして利用状況の複合的な要因で発生します。また、パソコンによりドライバやアプリケーションの組み合わせが限定されている場合もあります。このため、一様にパソコンの最適化を行うと、パソコンが不安定になったり、最悪の場合には動作不良を引き起こす原因となります。このため、世の中ではPCチューニングソフトが問題のあるソフトウェアの1つと批評されることがあります。
PC Maticは、1999年にインターネットを通じて提供したパソコン診断サービスによって収集された統計情報をもとにビッグデータを構築しました。「このベンダーにはこのドライバーの版が安定している」という組み合わせ情報を基に、パソコンを最適化することに成功しました。発売以来、全世界で2.5億件のパソコンをスキャンした統計情報をもとに、「優れた組み合わせ」を見いだし、安定性・高速性を実現しています。

PCチューニング機能の詳細

PC Maticは、ATOMプロセッサーなどの低いパワーのCPUでも軽快にパソコンを動作させることができます。必要以上に高額なパソコンを購入する必要はないという経営者の意志が製品に込められています。

ベストセラー

2015年は60万本以上のコンシューマ向けライセンスを世界中で販売しました。1ライセンスで5台まで利用可能ですので、150万台分以上になります。日本でも、無料体験版のダウンロードが1日平均6千件。購入者は年間4万ライセンスです。日本では、「オンライン直販」「パッケージ流通」「OEM」の3チャネルで販売されています。2016年80万本以上を目標にし、その実現も見えてきています。

アメリカではTVCMコマーシャルでお馴染み

米国FOX NEWSで1日に十数回の60秒のテレビコマーシャルを数年に渡り行っています。最近では、他局のニュースチャンネルでもコマーシャルを流していますので、米国人ならほぼ全員、この商品のことは認知していることでしょう。日本でも、地上局によるテレビコマーシャルを中心に宣伝を行っています。

PC Matic開発の経緯

1990年代後半、米国パソコンメーカー「Gateway」にて顧客サポートを含むマーケティング部門を統括する上級副社長(EVP/CMO)であったロブ・チェン氏が、パソコンに問題がないのにもかかわらず使っていると不具合を申し出てくる顧客が後を絶たず、なにか解決する方策はないだろうかと悩んでいました。

そこで当時普及しだしてきたインターネットを利用し、パソコンの現状診断を行い、顧客サポートに役立てる仕組みができないかと研究を開始しました。

この研究成果をもとにゲートウェイ社の仲間たちと、「定期的にメンテナンスすることでパソコンを快適に使い続けられるようなソリューションを提供する」ことを社是にPC Maticの発売元であるPC Pitstop社をミシガン州アナーバーで1999年に設立しました。

設立後にドライバ自動更新、デフラグソフト、最適化ツール、セキュリティソフトの単体商品を続々と発売しました。

ドライバはパソコンの機種ごとに適用すべきものが異なるため、インターネット回線を利用して最適なドライバを適用する技術が採用され、特許申請をしています。これにより安定した適用が可能となりました。その後、Windowsの供給をマイクロソフトから受けて自社パソコン用のドライバやチューニングを行っていたメンバーがPC Pitstop社の開発メンバーとして加わり、最適化ツールが提供されました。最適化ツールは、パソコンの機種毎に異なるチューニングを実施し、動作の安定性に努め、パソコン好きの方々から大きな称賛を得ました。

そして、2009年にこれらの単体ソフトを統合したPC Maticが誕生しました。

PC Pitstop社は、CEOがほぼ全株式を保有するプライベート会社です。このため投資家の意見に左右されず、製品開発投資を惜しまず、顧客サポートを重視し、積極的な宣伝活動を行い事業を継続してまいります。

ご案内