開発の経緯

PC Matic開発の経緯

1990年代後半、米国パソコンメーカー「Gateway」にて顧客サポートを含むマーケティング部門を統括する上級副社長(EVP/CMO)であったロブ・チェン氏が、パソコンに問題がないのにもかかわらず使っていると不具合を申し出る顧客が後を絶たず、なにか解決する方策はないだろうかと悩んでいました。

そこで当時普及しだしてきたインターネットを利用し、パソコンの現状診断を行い、顧客サポートに役立てる仕組みができないかと研究を開始しました。

この研究成果をもとにゲートウェイ社の仲間たちと、「定期的にメンテナンスすることでパソコンを快適に使い続けられるようなソリューションを提供する」ことを社是にPC Maticの発売元であるPC Matic社をミシガン州アナーバーで1999年に設立しました。

設立後にドライバ自動更新、デフラグソフト、最適化ツール、セキュリティソフトの単体商品を続々と発売しました。

ドライバはパソコンの機種ごとに適用すべきものが異なるため、インターネット回線を利用して最適なドライバを適用する技術が採用され、特許申請をしています。これにより安定した適用が可能となりました。その後、Windowsの供給をマイクロソフトから受けて自社パソコン用のドライバやチューニングを行っていたメンバーがPC Matic社の開発メンバーとして加わり、最適化ツールが提供されました。最適化ツールは、パソコンの機種毎に異なるチューニングを実施し、動作の安定性に努め、パソコン好きの方々から大きな称賛を得ました。

そして、2009年にこれらの単体ソフトを統合したPC Maticが誕生しました。

PC Matic社は、CEOがほぼ全株式を保有するプライベート会社です。このため投資家の意見に左右されず、製品開発投資を惜しまず、顧客サポートを重視し、積極的な宣伝活動を行い事業を継続してまいります。