様々な脅威に不安な方にお勧めする、全実行可能ファイルをデジタルフォレンジック済で政府基準の防御能力

デフォルト拒否アプリケーション・ホワイトリスト方式
  • 全ての実行可能ファイルにデジタルフォレンジックを実施
  • 悪意ある者に対し、後出しジャンケン方式で数年間 感染ゼロ
  • ランサムウェアなどのファイルレス攻撃にも対処
  • ニューラルネットワーク型人工知能を活用した次世代AV製品(NGAV)
  • メールの添付ファイルを考えずに開いても安全
  • サイバーセキュリティ成熟度モデル認証であるNIST CMMC 1.0 level 5(最高峰)準拠

ホワイトリスト方式は以下の全ての脅威から保護

ランサムウェア

ランサムウェア

サイバー犯罪者にとって新しい手法のランサムウェアは、データを暗号化するだけではなく、公開や流出したくなければ身代金を払えと要求してきます。

ポリモーフィック型ウイルス

ポリモーフィック型ウイルス

ポリモーフィック型ウイルスは、リアルタイムに自分自身や挙動自体を変更し、既知を前提としたセキュリティツールを回避します。

時限爆弾

時限爆弾

ウイルスに即座に活動を始めるとは限りません。セキュリティツールで検知される前に完全に感染を広げてしまい、サーバーに感染したり、深刻な危機管理上の対応が必要になったりします。

クリプトマイニング

クリプトマイニング

中小企業は、サーバー性能とその資源を保護するために、感染に気がつきにくいハードウェアハイジャックを阻止する必要があります。

ゼロデイ攻撃

ゼロデイ攻撃

未発見の新たなマルウェアには検知シグネチャが存在しないため、既知を前提としたセキュリティツールはゼロデイマルウェアの影響を受けます。

ファイルレス感染

ファイルレス感染

OSがもつ機能やオンメモリベースの攻撃は、従来のスキャンや実行ファイルを制御するセキュリティツールを回避してしまいます。

キーロガー

キーロガー

キーロガーやその他の認証情報を盗むマルウェアは、あなたのすべての情報を公開します。

スパイウェア/アドウェア

スパイウェア/アドウェア

悪意のレベルには達していないものの、リソースを消費したりデータを流出させるPUA(Potentially Unwanted Applications)を停止します。

PC Maticは、NIST CMMC 1.0 Level 5(最高峰)まで対応可能

軍事レベルのセキュリティ

国防レベルのセキュリティ

パソコン上での新種アプリの監査は行わず、クラウド上で徹底的にデジタルフォレンジックを行います。パソコン上で処理しないから、パソコンに負担はかけずに持続型標的攻撃にも対応しました。軍や社会インフラ企業でも採用された強固なセキュリティを実現しました。(特許出願中)

さらに詳しく
軽快なホワイトリスト方式

信頼できるアプリのみ
起動可能

一般的なセキュリティソフトは過去発見されたマルウェア検体を元にシグネチャー(ワクチン)を作成し、亜種も含めて阻止します。PC Maticは全ての実行可能ファイルを悪質かもしれないと考え、デジタルフォレンジックを実施します。マルウェア分析官により、安全と確認されたアプリ・スクリプトのみを全顧客で共有し、起動許可する仕組みです。

さらに詳しく
ランサムウェアも強力に防御

ランサムウェアも強力に防御

猛威を振るっている身代金型ウイルス。ランサムウェア防御率100%を第三者評価機関で獲得。スクリプトだけのウイルスにも完全対応。大切な文章や写真などを暗号化され、身代金を要求されないためにも、強固な製品を利用しましょう。

さらに詳しく
脆弱性対策も万全

脆弱性対策も万全

古いプログラムは避けられないセキュリティホール。著名なアプリケーションの場合はパソコンの乗っ取りに利用されます。PC Maticは脆弱性を抱えた著名なプログラムやドライバを自動更新しセキュリティホールを塞ぎます。

さらに詳しく
添付ファイルで感染しない安心感

添付ファイルで
感染しない安心感

ウイルス付きメールは、送信元を取引先のメールアドレスに偽装する事があり、専門家でも添付ファイルの安全性を判断する事は非常に困難になっています。でも PC Maticなら、ランサムウェアや標的型攻撃を完全に防御することができ、安心して添付ファイルを開くことができます。

さらに詳しく
100%社員の手による米国内製

100%社員の手による米国内製

100%米国社員が自社開発。ウイルス分析チームと、開発チームが一体となって分析と開発を行っているため、新たな脅威へ迅速に対応しています。新たな脅威にもエンジンを年に数回自動更新しています。

さらに詳しく

PC Maticは、両方の稼働モードを利用可能

日常は強固なレベル5で利用し、
古いアプリ利用時だけレベル3に切り換えができます。

主要なセキュリティソフト

従来のセキュリティソフト

NIST CMMC Level 3(中程度)迄対応可

犯罪者逮捕型の社会

誰かがウイルス感染することで、他の人が守られるという考え方

指名手配済のウイルスを警察官が頑張って逮捕します。現行犯逮捕が原則で、迷惑な行為をするなどのグレーな場合は逮捕しません。警察官は犯罪を犯した場合だけ、犯罪者を逮捕する権利を初めて持ちます。このため誰かは犯罪被害にあってしまいます。

現状ではウイルスの初犯率は96%で、再犯率はたった4%しかありません。これでは犯罪被害に遇う人の数は減らないことを理解して頂けると思います。

新種ウイルス感染確率は約25%
※VirusBulletinによる調査

悪意ある組織が後出しジャンケン







アプリケーション・ホワイトリスト方式

アプリケーション・ホワイトリスト方式

NIST CMMC Level 5(最高)迄対応可

善良な市民のみの社会

全件調査し、善良である事が確認できたものだけ活動許可する考え方

事前に善良であると認定された人のみが生活することができ、指名手配者(ブラック)はもちろん、疑わしいグレーも活動を許可しません。

事前監査は、多面的に時間をかけて慎重に分析され、善良と確認された場合のみ、入場許可が与えられます。

犯罪を行いそうな者(プログラム)は入場許可(起動許可)が与えられないため、犯罪被害に遇うことはありません。

新種ウイルス感染確率は 0%
※VirusBulletinによる調査

セキュリティソフトが後出しジャンケン

方式の図解

ブラックリスト保護・ホワイトリスト保護の違い

世界No.1を獲得

第三者機関による性能評価試験で、続々と高評価。
次世代方式を採用し、高い防御力が実証されています。

VirusBulletinでNo.1

既知・新種ウイルス 検知率テスト (数十万サンプル)

VirusBulletinの結果

2017年2月に第三者機関「VirusBulletin」より発表されたWindows Server 2016における「既知のウイルス防御」「新種ウイルス防御」のテストで、世界No.1を獲得しました。

こちらの図で、既知のウイルス防御および、新種ウイルス防御力が1位となりました。特に新種ウイルス検知では2位を大きく引き離しています。詳細はこちらの図をご覧ください。

※現在VirusBulletinでは、「パソコン内で監査し即時判断するエンジンのみの試験」に限定され、犯罪者に対して後出しジャンケン方式で100%の防御率となるアプリケーション・ホワイトリスト方式は、試験対象外となりました。このため現在は試験には参加しておりません。

AV-TESTで軽快さNo.1獲得

2020年3月。2019年の年間を通じての評価

AV-TESTのランサムウェア試験 No.1

10の攻撃シナリオ全てを完全防御

2021年12月1日に独AV-TEST GmbHが消費者向けセキュリティソフトを対象に、10のランサムウェア攻撃シナリオで防御能力を測定し結果を発表しました。

試験に参加したランサムウェア対策に自信のある9つのセキュリティソフトのうち、5つの製品が完全に防御しました。PC Maticは、そのうちの1つで、試験に用いられた異なる10の攻撃シナリオ全てを完全防御しました。