PC Maticのスキャンが進まない。挙動が不安定です。/ PC Matic FAQ

スキャンが進まない。挙動が不安定です。

他社製セキュリティソフトや法人ではUTM,NGFWが稼働している状態でSuperShieldを稼働させると競合や通信不良によりパソコンの動作が不安定となります。
他社製セキュリティソフトをアンインストールしてください。また、PC Maticは、JavaScriptとActive-Xにて動作しています。Active-Xモジュールは定期的に更新され、その際に「Active-Xモジュールをインストールしますか」とのダイヤログがPC Matic起動時に表示されます。「しない」を選択すると、JavaScriptとActive-Xの不整合によりPC Maticの挙動が不安定となりますので、Active-Xモジュールは必ずインストールを行って頂けますよう、お願い申し上げます。

【方法1】パソコン内のキャッシュやActive-Xを削除

(Active-Xのダウンロードに失敗。ファイアウォール装置によることが多い)
Active-Xプログラムのインストールに失敗した場合、そのような現象が発生することがあります。

  1. 以下のリンクより修正のcmdプログラムをダウンロードします。
    【PC Matic Active-X 修正ツール】 【ミラーサーバ:PC Matic Active-X 修正ツール】
  2. Vista、Windows 7/8、Windows 10、または64ビットオペレーティングシステムを使用している場合は、まずこのファイルをデスクトップに保存し、保存したファイルをマウスで右クリックして[管理者として実行]を選択し、PC Maticが利用している全てのActive-Xコントロールを修正してください。
  3. ツールを実行すると、コマンドウィンドウが開いていて、ツールの進捗状況を見ることができます。 ツールが1回または2回「ハングアップ」しているように見えることがありますが、ツールが完了するのを待っていれば終了します。
  4. それでも問題が解決しない場合は、次の方法を試します。
  5. 以下のリンクより削除のcmdプログラムをダウンロードします。
    【PC Matic Active-X 削除ツール】 【ミラーサーバ:PC Matic Active-X 削除ツール】
  6. Vista、Windows 7/8、Windows 10、または64ビットオペレーティングシステムを使用している場合は、まずこのファイルをデスクトップに保存し、保存したファイルをマウスで右クリックして[管理者として実行]を選択し、PC Maticが利用している全てのActive-Xコントロールを削除ください。
  7. 画面にはなにも表示せずに終了しますが、それで正常です。PC Maticの起動を試みてください。
  8. 次にPC Maticを起動すると、Active-Xのインストールを促す画面が表示されますので「OK」を押して実行を許可してください。

【方法2】アンインストールとインストール(原因不明の場合の解決方法)

  1. PC Matic関連プログラムを全て削除
      アンインストール方法はこちら
  2. パソコンを再起動します。
  3. PC Maticのフォルダ削除
       C:\program files(x86)\PCPitstop
       C:\Program Data\PCPitstopDat
       の両方のディレクトリ以下を削除します。PCPitstopDatは、隠しフォルダとなっているため、エクスプローラーの「表示」-「隠しファイル」にチェックを入れてフォルダを表示させてください。
  4. パソコンを再起動します。
  5. PC Maticの再インストールし、パソコンを再起動します。PC Maticを実行します。

【方法3】RepairTaskツールで修復

Windows のOSバージョンを変更するとWindowsスケジュールタスクに不整合が発生し、PC Maticはもとより様々なアプリケーションで不具合が発生するようです。RepairTaskツールで修復をお試しください。

【方法4】他社製セキュリティソフトとの競合を解決

マイクロソフト製のセキュリティソフト各金融機関が利用推奨をしている「Rapport(ラポート)」以外のセキュリティソフトと、PC MaticおよびPC Matic SuperShieldを併用することはできません。一見、複数のセキュリティソフトが稼働しているように見えてもウイルスを検知した場合に競合によって動作不良となる可能性がございます。PC Maticをインストールする場合は、先んじて他社製セキュリティソフトをアンインストールしてください。
導入済セキュリティソフトの調べ方

【方法5】UTM,NGFW装置に透過IPを設定

PC Maticに限らずエンドポイントセキュリティが必要とする定義ファイルの更新や機能改善のためのセキュリティエンジン更新時は、ウイルスの特徴を表すコードが含まれています。

現在、PC Maticを導入したパソコンとPC Maticのサーバ間は暗号通信によって接続されており、基本的にはUTM等のファイアウォール装置が持つウイルス対策機能によるパケット監査対象とはなりませんが、ウイルスそのものであると誤検知により通信が阻止されることや、パケット監査のために通信速度が極端に低下する可能性はゼロではありません。 このため、法人による利用環境において、問題が発生している場合には、PC Maticの開発元であるPC Pitstop社が現在利用している以下のFQDNもしくは、IPアドレスを監査除外へ設定をお願い申し上げます。
PC Maticで利用しているIPアドレスをご参照ください。

戻る