TOP > FAQ> セキュリティ SuperShield

PC MaticはMicrosoft製のセキュリティ製品との共存は可能ですか

Windows 11/10では機能として共存可能です。Windowsの他版ではご利用頂けません。

Windows 7 環境においては、Microsoftより提供されていたMicrosoft Security Essentialsの公開が終了したため、併用可能なものはございません。

Windows 8/8.1 において、共存させることはできません。PC Matic SuperShieldを導入するとWindows defenderは自動的に無効化されます。

Windows 11/10 にて Microsoft Defender セキュリティ対策(無償版)、Microsoft Defender for Endpoint (Microsoft 365版)の何れもプライマリ マルウェア対策ソリューションとし、稼働状態をアクティブモードにて利用いただけます。適用手順は以下を参照ください。PC Maticはセカンダリ マルウェア対策ソリューションとして二層目のセキュリティ層としてフル機能稼働します。

また個人版では他社製セキュリティソフトとの共存につきましては、Windows 仕様上および、相互にセキュリティエンジンの存在を否定してしまうため共存を行うことができません。複数のセキュリティソフトを導入した場合、1つの防壁で2つの門となるためセキュリティレベルが大きく低下します。(法人版は、他社AV製品と併用可能)
個人版を他社セキュリティ製品に加えて導入した場合、パソコンの動作が不安定になる恐れがあります。その際は、WindowsをSafeモードにて起動し、他社製セキュリティソフトをアンインストールしてください。

Windows 11/10 Microsoft Defender アクティブモードでの二層セキュリティ有効化手順

  1. 以下よりZIPファイルをダウンロードします。 Microsoft Defender有効化
  2. ダウンロードした「defender_on.reg」をファイルを展開し、展開ファイルをマウスの右クリック「プログラムから開く」-「レジストリーエディター」にて実行します。
  3. 「はい」を押します。これで作業は終了です。Microsoft DefenderへPC Maticのサーバへの通信制御除外指定や、PC Maticプログラムの除外指定は、現時点では必要ありません。
  4. 同様の手順で「defender_off.reg」にすることで、併用をオフにすることができます。現在、市場調査目的でレジストリによる設定となっていますが、好評であればインストーラー画面のオプション設定項目などへ追加を検討致します。

戻る