TOP > FAQ> アプリケーションについて

PC Maticで利用しているIPアドレスを教えてください

以下のリストがPC Maticにて利用しているIPアドレスになります。ファイアウォール装置にてホワイトIPアドレスとして除外指定ください。Cloudflare社によるCDNを利用しています。

PC Maticのクラウド型EDR稼働ロギング機能をファイアウォール装置が異常な通信量として、通信自体を阻止されることが判明しております。
法人による利用環境において、問題が発生している場合には、PC Maticの開発元であるPC Matic社が現在利用している以下のFQDNもしくは、IPアドレスを監査除外へ設定を行ってください。

PC Maticでは、以下のFQDNを利用しております。なお、クラウドサービスであるためIPアドレスは変更されることがあります。以下のIPアドレスは調査時点での参考値となります。ポート番号は、基本的に443(SSL)ですが念のため80も開放をお願い致します。ポートが開放されていても、IPS機能が有効なネットワークでは通信が防御されます。IPSへ除外指定をお願い致します。

【必須】
統合IPv4
104.20.82.39 (IN/OUT)
104.20.83.39 (IN/OUT)
統合傘下のFQDN
pcpitstop.com
supershield.pcpitstop.com
supershield-files.pcpitstop.com
utilities.pcpitstop.com
api.pcpitstop.com
defs.pcpitstop.com
drivers.pcpitstop.com
files.pcpitstop.com
logfiles.pcpitstop.com
satellite2.pcpitstop.com
satellite3.pcpitstop.com
satellite4.pcpitstop.com
software.pcpitstop.com
portal.pcpitstop.com
help.pcpitstop.com
master.pcpitstop.com
optimize.pcpitstop.com
renew.pcpitstop.com

【法人版でリモートデスクトップ機能を利用する場合】
34.229.217.50 (vncproxy.pcpitstop.com) Port:5500,5900 (IN/OUT)
PC Maticのリモートデスクトップは、オープンソースのVNCをベースに暗号キーなどの仕組みを改修し、セキュリティ性能を高めた独自の通信情報で制御を行っております。このため、NGFWにおけるアプリケーション層通信制御にて、VNCのシグネチャでは制御できませんのでご注意ください。

【注意】
ウイルスバスター for Home Network、ASUS 無線Wi-Fiルータ RT-ACシリーズのAiProtection機能(トレンドマイクロ製)をご利用の場合は、PC Matic SuperShield利用状況ログが転送されなくなることが確認されております。SuperShieldの利用に問題はございませんが、感染調査を行うEDRの記録機能をご利用になる際には、同装置や機能をオフにして運用を行ってください。

【YAMAHAルーターでの設定例】

YAMAHA RT設定
戻る