個人用のライセンスを法人や組織で。個人で法人ライセンスの利用は可能ですか / PC Matic FAQ

個人用と法人版の相違点

PC Maticでは、大別して2つのソリューションで3つの商品が構成されています。1つが個人用(コンシューマ用)として発売している「PC Matic」と、法人・組織・マネージドサービス事業者でのご利用を想定している「PC Matic PRO/ PC Matic MSP」です。
個人用と法人版は要素技術は同一ですが、管理画面手法・機能・付帯サービスは全く異なる別製品です。

PC Matic

想定利用者:コンシューマ(個人)、組織内個人
機能:エンドポイントセキュリティ + パソコン快適化
料金体系:年次契約、永久ライセンス

PC Matic PRO

想定利用者:法人、組織、アマチュア(個人)
機能:エンドポイントセキュリティ + パソコン快適化 + リモートデスクトップ + PC資産管理
料金体系:年間の最大利用可能台数契約(ライセンス認証キー)

PC Matic MSP

想定利用者:マネージドサービス事業者経由での法人・組織
機能:エンドポイントセキュリティ + パソコン快適化 + リモートデスクトップ + PC資産管理
料金体系:毎月 事業者へ直接課金(クレジットカード決済)

「PC Matic」(個人用)は、一人の管理者が利用することを想定しているため、全ての管理対象パソコンにおいて、「最適化のスケジュール実行」「最適化レポートの閲覧」が可能となっています。同一家族、親しい友人であればこのような共有は問題ないと考え、個人用としております。法人、教育機関、団体組織などにおいても、ひとりの方が利用するのであれば、PC Pitstop社における利用ライセンス上の問題はございません。このため個人用の商品においても、管理対象パソコンを125台まで販売させて頂いております。

「PC Matic PRO/MSP」(法人版)は、法人等の組織での利用を想定しており、利用者端末側における管理プログラムを提供しておりません。操作やレポートは、WEBを用いた管理画面にて包括的に操作を行う仕様となっております。また各端末において、エンドポイントセキュリティにおけるセキュリティレベルの変更が行えないようにすることなどの制御が可能です。
こちらの商品は、月額利用が基本となっております。個人の方でも短期間での利用やパソコン台数がダイナミックに変化する使い方をされている方におかれましては、こちらのほうが便利な場合もございます。なお、こちらの商品は最低利用端末数は5台からとなっています。利用ライセンスが月次の〆日において5台未満の場合でも、5台分の料金が請求されます。


戻る