TOP > FAQ> スキャン・利用時

著名アプリケーション自動更新による脆弱性対象アプリケーション一覧

悪意のある者から狙われやすい多くの利用者がいるアプリケーションの自動更新により、脆弱性対策を行います。悪用を防止する重要な機能です。利用者は脆弱性情報を定期的に心配する必要から開放されます。

  • 7-Zip
  • Adobe AIR
  • Adobe Flash Player ActiveX
  • Adobe Flash Player Plugin
  • Adobe Flash Player PPAPI
  • Adobe Reader
  • Adobe Reader MUI
  • Adobe Reader XI
  • Adobe Shockwave
  • FileZilla
  • Foxit Reader
  • Google Chrome
  • iTunes
  • Java 32
  • Java 64
  • Microsoft Exchange Server 2013
  • Microsoft Exchange Server 2016
  • Microsoft Exchange Server 2019
  • Mozilla Firefox
  • Mozilla SeaMonkey
  • Mozilla Thunderbird
  • OpenOffice
  • Opera
  • PC Matic
  • PDF Creator
  • PDF XChange Viewer
  • QuickTime
  • Real Player
  • Safari
  • Skype
  • Winamp
  • WinRAR
  • WinRAR5.X
  • WireShark

※ 2021年12月時点。必要なアプリケーションは随時追加されます。

定期診断時(スケジュールスキャン)に自動更新されます。利用者は更新を意識する必要はありません。

また、パソコンが低負荷状態にある時にエンドポイント保護(SuperShield)がディスク内を自動監査している際に検知するとPC Maticのアイコンが黄色になりアプリケーションの更新を促します。

脆弱性設定

「意思決定の入力を要求」にした際は、以下のダイヤログが表示されます。

脆弱性アップデート
戻る