セキュリティ機能を導入したつもりだが、Windowsアクションセンターで警告が表示される / PC Matic FAQ

セキュリティ機能を導入したつもりだが、Windowsアクションセンターで警告が表示されるのですが

PC Maticのセキュリティ保護機能を実行するとアクションセンターに警告表示されないようになっております。いままでSuperShieldを利用していたのにも関わらず、突然警告が表示された場合は、SuperShieldエンジンの自動更新により正しく再有効化できなかった可能性がありますので、直ちにパソコンを「再起動」してください。

アクションセンターに警告が表示される場合は、セキュリティ機能が有効化されていませんので、PC Maticの管理画面上の「緑色の楯」をクリックし、セキュリティ保護をインストールして有効化してください。

セキュリティ対策機能のインストール方法

他社製ウイルス対策ソフトを完全に削除する方法

マカフィー、カスペルスキー、トレンドマイクロなど以前導入されていたセキュリティソフトのアンインストールを行っても一部のサービスやファイルが残ることがあります。2017年6月にWindows 7/8.1/10用に配信されたWindows updateにより、マイクロソフト製のセキュリティソフト以外のセキュリティソフトが2つ以上導入されている場合は、マイクロソフト製のセキュリティソフトのみ有効化でき、サードパーティ製のセキュリティソフトが有効化されない処置がとられました。このため、Windowsアクションセンターで警告が表示されることが確認されています。以下のツールを利用して完全な削除をお願い申し上げます。

マカフィー
シマンテック Norton
ウイルスバスター
カスペルスキー
ESET

これらのツールを利用してもサービスが自動起動し続けることがあることが確認されています。念のため、「コンピューターの管理」を起動し、「サービスとアプリケーション」-「サービス」より、これらのサービスの「スタートアップの種類」を「自動」から「無効」に切り替える必要があります。アンインストールしているのにも関わらず、以前のセキュリティソフトのアイコンがタスクマネージャーに現れる場合は、pcmaticのサポート迄メールでお問い合わせください。不必要なサービスの名称をご連絡させていただきます。

戻る