Windowsアクションセンターで「PC Matic Super Shieldが無効」と表示された / PC Matic FAQ

Windowsアクションセンターで「PC Matic Super Shieldが無効」と表示されたのですが

Shield自動更新による影響か、インストール後に【再起動】を行っていないためです。

PC Matic Super Shieldは、セキュリティ性能を高めるため、最新版が提供された際に、自らを自動的に最新版へ更新致します。基本的にお客様が気づかないよう自動更新されますが、ごく稀にWindowsのバージョンや更新内容に起因し、パソコンの再起動が必要な場合がございます。

このメッセージが表示された場合、大変お手数ではございますが、パソコンの再起動をお願い申し上げます。
Windows 10においては、「シャットダウン」-「電源オン」は、再起動とは異なり、休止モードからの復帰へと仕様変更されました。このため、「スタート」-「電源アイコン」-「再起動」を選択していただき、パソコンを再起動して頂けますよう、お願い申し上げます。

セキュリティ対策機能のインストール方法

他社製ウイルス対策ソフトを完全に削除する方法

マカフィー、カスペルスキー、トレンドマイクロなど以前導入されていたセキュリティソフトのアンインストールを行っても一部のサービスやファイルが残ることがあります。2017年6月にWindows 7/8.1/10用に配信されたWindows updateにより、マイクロソフト製のセキュリティソフト以外のセキュリティソフトが2つ以上導入されている場合は、マイクロソフト製のセキュリティソフトのみ有効化でき、サードパーティ製のセキュリティソフトが有効化されない処置がとられました。このため、「PC Matic Super Shieldが無効」とWindowsアクションセンターにて警告が表示されることが確認されています。以下のツールを利用して完全な削除をお願い申し上げます。

マカフィー
シマンテック Norton
ウイルスバスター
カスペルスキー
ESET

これらのツールを利用してもサービスが自動起動し続けることがあることが確認されています。念のため、「コンピューターの管理」を起動し、「サービスとアプリケーション」-「サービス」より、これらのサービスの「スタートアップの種類」を「自動」から「無効」に切り替える必要があります。アンインストールしているのにも関わらず、以前のセキュリティソフトのアイコンがタスクマネージャーに現れる場合は、pcmaticのサポート迄メールでお問い合わせください。不必要なサービスの名称をご連絡させていただきます。

戻る