TOP > FAQ> セキュリティ SuperShield

タスクトレイ(Windows画面右下)にあるSuperShieldのアイコンが赤色に表示されたのですが

タスクトレイにあるPC Matic SuperShieldのアイコンが赤色である場合は、「ライセンスに問題」「PC Maticサーバとの通信不良」等の理由により、セキュリティ保護が活動していない状態です。端末内に起動是非に関するキャッシュの該当がないアプリは、本状態の際に利用モードに関わらず起動拒否されます。対応方法は以下をご参照ください。

  1. PC Maticがログイン状態であるかご確認ください

    PC Maticを管理画面よりログアウトしていませんか? 管理画面を起動して確認してください。

  2. ライセンス期限をご確認ください

    ライセンス有効期限が有効期限内であるかをご確認ください。ライセンス購入したのにも関わらず、ライセンス有効期限が表示されていない場合は、購入時と異なる電子メールアドレスでログインしています。 有効なメールアドレスでログイン

  3. ライセンスの上限を超えていないかご確認ください

    ライセンスが上限を超えるとセキュリティ保護を休止するほか、購入を促す画面がポップアップ表示されます。パソコン名称を変更したことによる重複登録解除や、利用していないパソコンのライセンスを解除することで利用可能となります。

    MyPageをご利用いただくことで、初期スキャンが未了となっているパソコンをご確認いただけます。初期スキャンが未了でもライセンス枠は消費します。 ライセンス解除方法

  4. ライセンス表示
  5. Windows updateやSuperShieldの更新が実行された直後でずか?

    パソコンを再起動させてください。

  6. 日付と時刻はおおよそ正しいですか

    SuperShieldは、クラウド上のサーバーと同期通信を行いながらクラウドの能力を用いて稼働するため、頻繁に暗号通信を行います。暗号通信を確立するために日付と時刻を用いています。

  7. ネットワーク帯域が最大ではありませんか

    パソコン初期設定時など、OneDrive,Dropbox,Google Driveなどのファイル同期サービスにおいて、大量のファイル同期中にPC Maticを導入しませんでしたか。パソコンのネットワーク帯域が最大になっている際にライセンス認証を試みるとタイムアウトが発生し、ライセンス認証が未了となり、アイコンが赤色になることが確認されています。ファイル同期が完了してから、パソコンを再起動させてライセンス認証を行ってください。

  8. 管理画面よりスキャンと最適化をお試しください

    PC Matic内のアプリケーションが最新版でないため、通信が正常に行えない場合があります。スキャンと最適化を行うことで最新版に更新され、通信が正常に行えるようになります。なお、毎週最適化が自動で実施されるよう、スケジュール設定をお勧めしております。

  9. .NET Frameworkを利用不能にしていませんか

    PC Maticは、Windowsに標準実装されている.NET Framework 3.x系もしくは4.X系とその周辺機能を利用して低負荷、省リソースを実現しています。標準実装されている機能が削除されているケースがありますので、以下のチェックボックスをご確認ください。特にASP.NETおよびInternet Explorer 11が削除されていないか注意深くご確認ください。
    「コントロールパネル」-「プログラム」-「Windowsの機能の有効化または無効化」
    コントロールパネル

  10. サービスを停止しませんでしたか

    PC Matic SuperShieldは以下のサービスを利用しています。停止した記憶はございませんか。
    ・Workstation (自動)
    ・Server (自動)
    ・TCP/IP Netbios helper (手動/トリガー開始)
    ・Remote Procedure call (自動)

    [Service起動 BATファイル] このファイルを管理者権限にて実行し標準値に戻してください。

  11. SSの通信を妨害するアプリが導入されていませんか

    以下のアプリケーションがSuperShieldの通信を妨害することが確認されています。アンインストールを行ってください。
    ・CCleaner (Piriform Ltd)
    ・Speccy (Piriform Ltd)
    ・Security Reviver(ReviverSoft)
    ・Spybot Anti-Beacon
    ・Wise Care 365(ZhiQing Soft Ltd)

  12. 他社製セキュリティソフトが導入されているかサービスが残存していませんか

    マカフィー、カスペルスキー、トレンドマイクロなど以前導入されていたセキュリティソフトのアンインストールを行っても一部のサービスやファイルが残ることがあります。
    詳しくは、こちらのリンクページの方法2をご参照ください。

    Rapport(ラポート)をSuperShield導入後にインストールをすると、稀に本不具合が発生することが確認されております。SuperShieldの再インストールにて直ります。

    SuperShield 再インストール方法
  13. URLフィルターなどの機能もつルータ

    URLフィルタリング機能をもったものや、IoT機器保護装置が通信を妨害することが確認されております。以下に該当する機器を利用していないかご確認ください。これらの機器がある場合は、併用することができません。

    併用できないソリューション一覧
  14. Internet Explorerを初期設定状態へ

    一部のアプリケーションが、インターネットエクスプローラーの設定を変更し、Active-Xの動作を実施しない設定変更など行い、正常でない状態にしてしまうことがあるようです。初期状態に戻してください。

    まず、Windows画面右下にある、時間と日付の横にある緑色の盾のアイコンをクリックします。SuperShieldのアイコンより「保護レベル」-「10分間休止」を選択してください。
    (緑色の盾が表示されていない場合は、サウンドアイコンの横にある白い上向き矢印をクリックすると、小さなメニューが表示されます。盾のアイコンが表示されているはずです。)

    以下のボタンを押してファイルをダウンロードしてから、ダウンロードされたbatファイルをマウスで右クリックして「管理者として実行」を選択し実行します。

    Ajax修復ツール(BATファイル)
  15. Internet ExplorerのTLS 1.2の有効化

    Internet Explorerを開き、「ツール」-「インターネットオプション」-「詳細設定」において、「セキュリティ」の項目にある「TLS 1.2」を有効にします。

  16. 自動更新に失敗した可能性があります

    SuperShieldは定期的にエンジン自身を自動更新致します。自動更新作業中にパソコンを再起動したり、シャットダウンを行うとSuperShieldの導入が不完全になります。この場合は、コントロールパネルの「アンインストール」より「PC Matic SuperShield」をアンインストールの上で、PC Maticの「スキャン」-「最適化」を行います。その後、再度インストールを頂くことで正常に稼働するようになります。

    SuperShieldの再インストール方法
  17. バックアップイメージからの復元を行いましたか

    Acronis True Imageなどのパソコンイメージをバックアップし、それによる復旧を行いませんでしたか。SuperShieldはクライアントサーバ型で稼働するため、クライアントが過去の状態に戻ると同期が切れ、安全のために稼働を停止致します。コンピューター名を変更し、PC Matic管理画面よりスキャンを行って新たにライセンス認証を行ってください。

    戻る