ハードウェア強化の方法 / PC Matic

ハードウェア強化の方法

メモリ増設

メモリ増設

パソコンを遅くしている最も大きな原因は、搭載しているメモリ量が少ないケースがほとんどです。
診断レポートの「パフォーマンス」項目の「メモリ使用率テスト」において、空き領域が400MB以下であった場合にはインターネットの閲覧も快適にできないと指摘せざるをえません。

メモリを増設する場合は、パソコンショップへ自分のパソコンの「現在実装しているメモリ量」「搭載されているメモリ基盤の数(1枚差さっているか、2枚なのか等)」および「空いているメモリスロットがあるか」を確認のうえ、パソコンショップを訪問し、増設メモリを購入しましょう。
メモリ増設は、個人でも行える場合が大半ですので、心配せずにパソコンに付属しているマニュアルを読みながら増設を行いましょう。
自分で利用しているパソコンの型番に「メモリ増設」という言葉を複合的に組み合わせてインターネット検索をすれば、改造した方のBLOGを簡単に見つけることができることでしょう。
例:「 VGN-SZ90S メモリ増設」

Windows XPでは、1GB以上、Windows Vista,Windows7,Windows8では2GB以上の搭載が望ましいと言えます。
Windowsの32bit版では、本体メモリは3GBまでしか認識されませんのでそれ以上を認識させる場合には、64bit版のWindowsを購入する必要があります。
今後、画像やビデオをたくさん利用される場合は、64bit環境にし、メモリ空間を大きく利用できるようにしておくと、ストレスなくパソコンを利用できる大きな選択肢となってくることでしょう。

詳しくは下記リンク先をご参照ください。

メモリの追加方法

SSDへの換装(交換)

SSDへの換装(交換)

次にパソコンの動きを遅くしている最大の原因は、ハードディスクです。特にノート型パソコンに搭載されている2.5インチのハードディスクはアクセス速度がデスクトップと比較して高速ではなく、ノートパソコンがデスクトップと比較して遅く感じる最大の原因となっています。

もし自分のパソコンへ搭載されているハードディスクがシリアルATA(Serial ATA)であり、2.5インチが搭載されているとパソコンの仕様書などに書かれていた場合には、比較的交換が容易な場合があります。
簡単か難しいかは、BLOGが参考になります。
例:「 VGN-SZ90S SSD換装」で検索

換装する際には、リカバリディスクを用意し、またデータバックアップは取っておくことを忘れないようにしてください。
詳しくは下記リンク先をご参照ください。

SSDへの換装方法