ホワイトリストに登録したアプリケーションが起動阻止される / PC Matic FAQ

TOP > FAQ> セキュリティ SuperShield

ホワイトリストに登録したアプリケーションが起動阻止される

アプリケーション名称が同一でもバージョンやMD5が異なるものは別アプリケーションとなります。

PC Maticでは、MD5と呼ばれるファイルの128ビットハッシュ値を用いて個々のファイルを識別しています。同一のアプリケーションであっても、バージョンの違いによってMD5は異なりますので、別アプリケーションとして個別に監査・管理が必要となります。

以前、善良で有用なアプリケーションであったとしても、バージョンアップの際にウイルスや諜報活動を行うコードを組み込むケースが多くあり、バージョンアップであっても慎重に監査を行う必要があります。PC Maticでは、バージョンアップの際にはソースコードスキャニングが可能である場合は、追加されたソースコードを抽出し、過去ウイルスなどに用いられたコードであるかを効率的に判定するロジックが、クラウド上の監査アルゴリズムに組み込まれています。これは人工知能による判定が得意とする分野です。

以前ホワイトリストへ登録していたアプリケーションがバージョンアップした場合、MD5は異なるため再度にホワイトリストへの登録が必要となります。

【MyPageから登録した場合】

パソコン再起動時および、12時間起きに個別ホワイトリストをサーバーへ参照します。すぐに反映させたい場合は、パソコンを再起動してください。

アプリケーションの起動が阻止される 戻る