Web防御・広告ブロック 対応ブラウザ / PC Matic FAQ

TOP > FAQ> ブラウザ保護/WebShield

ブラウザ保護機能について(Web防御・広告ブロック・対応ブラウザ)

WebShieldは、個人版利用者のInternet Explorer 11、Chrome(32/64bit)、Firefox (32/64bit)に対応しております。法人版には対応しておりません。

本機能は、ウイルス感染を謳う詐欺広告および不正な広告ネットワーク経由でのウイルス感染防止を主目的としたものです。善良な広告ネットワークによって配信される広告は非表示とならないことがあります。

WebShieldをブラウザに実装することで、パソコン内に侵入を行うウイルスを防御するための防衛線のひとつとなります。万が一、本機能によって突破されパソコン内に侵入した場合は、Windows上で稼働するセキュリティ機能であるSuperShieldが停止をいたします。2段構えの防衛線でパソコンを強力に保護します。

アダルトサイトにおいては不正な広告ネットワークが利用されていることが多いため、本機能をオフになさらないようご注意ください。本機能をオフにしないとアダルト動画が再生されない場合は、危険性な不正広告ネットワークである可能性が高い傾向があります。無料アダルトサイトは、不正なファイルダウロードをパソコンに行う事例が散見されており、特にご注意ください。ブラウザEdgeはサンドボックス上で稼働しているため、広告ブロック機能がなくてもパソコンへ感染しません。アダルトサイトの閲覧は、Edgeをご利用ください。

広告ブロック

WebShieldは、現時点においてEdgeには対応しておりません。顧客の利用状況により提供を行ってまいります。

機能として、「広告ブロック」「不正侵入防止」「不正広告ネットワークによる広告非表示」「不正スクリプト実行阻止」「プライバシー侵害スクリプト阻止」機能を実装されております。広告ブロック機能は、uBlock Originを利用させて頂いております。このため、設定画面は uBlock Origin による設定が中心となっております。

uBlock Origin、Adblock Plus、SimpleAdblock Classなど類似した広告ブロック拡張機能と併用しないでください。競合によりブラウザの動作に不具合が発生する可能性がございます。機能をオフではなくアンインストールや削除を行ってください。

戻る