TOP > FAQ> スキャン・利用時

セキュリティチェックの診断箇所でハングアップするのですが。

手動スキャンにて、フルスキャン設定を行い実行した場合、監査処理に多くの時間を要します。このためハングアップしているように感じられることがあります。

手動スキャンでは「フルスキャン」を利用しないようお願い申し上げます。

フルスキャン(完全スキャン)では、未調査の全てのファイルを調査します。このため、巨大な電子メールデータや、複数のファイルをまとめた巨大な圧縮ファイルのスキャンには多くの時間を要します。これにより、ハングアップしているように感じられることがございますが、処理は継続されております。

従いまして、「高いレベルの脅威」で「フルフキャン」の実行は、処理速度が気にならないよう、定期スキャン機能により、バックグランド実行にてご利用になるか、初期スキャン時は標準設定の「クイックスキャン」に設定の上ご利用ください。 「クイックスキャン」

PC Matic SuperShieldは、パソコンが低負荷状態の際にファイル監査を自動的に行います。一度監査されたファイルはクイックでもフルスキャンでも改竄されない限りスキャンを実施いたしません。このため、追加・変更されたファイルのみ監査が実施されます。

その他の解決方法はこちら 戻る