高速 国際回線のVPN爆誕! WireGuardで低延滞

TOP > FAQ> 法人版(Pro/MSP)関係

料金:法人版ライセンス体系について

PC Matic法人版は、オープン価格です。契約は、「セキュリティサービス」として単年度もしくは複数年度にてご契約頂けます。ソフトウェア単体の売切販売は行っておりませんのでご了承ください。

オフラインにて機器組込や大量購入などの個別のご相談に応じております。細かな機能別価格が社内的に設定されており、機能を利用しないことで安価にすることも可能ですのでお気軽にご相談ください。特別価格も商流は販社様を通じて行って頂けます。

Windows Server及びLinuxでの利用は、サーバ用のCALが必要となります。Windows 11 Pro等のクライアントOSをサーバ内の仮想環境(VDI)で利用する際はクライアント用のCALが台数分別途必要です。

端末を入れ換える際は、処分する端末のライセンスを開放することで、利用可能ライセンス枠が戻ります。これを新しい端末へ利用することが可能です。

【サーバ用CAL】
Windows ServerおよびLinuxで利用の際は、サーバ用のCALが必要となります。サーバーには稼働監視機能が付帯し、フリーズやダウン時に管理者へ通知する機能があります。

【クライアント用CAL】
Windows Server以外のWindows, macOS, Chromebook のライセンスになります。

【仮想環境(VDI)】

  • 仮想環境内で利用する際には、各端末分のライセンスが必要となります。
  • 実端末を保護し、VDI内でも保護する際は、各端末で2台分のライセンスが必要となります。

【各プラットフォーム別 実装機能】

  • Windows: エンドポイント保護(EPP), EDR, 遠隔運用管理(RMM), Windows RDP制御,管理者用リモートデスクトップ
  • macOS: エンドポイント保護(EPP), EDR, 遠隔運用管理(RMM),管理者用リモートデスクトップ
  • Linux: エンドポイント保護(EPP), EDR
  • Chromebook:遠隔運用管理(RMM)
  • iPhone, iPad(近日提供):詐欺対策
  • Android(近日提供):エンドポイント保護(EPP)

【各法人版の違い】

PC Matic PRO
法人版
PC Matic PRO Embedded
組込版
PC Matic MSP
マルチテナント版
PC Matic federal
政府機関版
想定利用対象 法人、NPO、
社会基盤企業
製造業 大企業、MSP事業者、
個人事業主
政府機関、軍、
地方自治体
最低台数 10 10 5 100
複数企業管理 × ×
クラウド型
オンプレミス型 × × ×
初期費用 不要 不要 不要 個別見積
月間基本料金 不要 不要 不要 基本運用費
契約期間 年次契約
(1~5年)
想定機器寿命契約
(1~15年)
毎月自動更新 年次契約
(1年のみ)
同一アカウントで
利用年次の異なる運用
× × ×
価格決定要素 契約年次、台数 寿命、台数、Offlineか 実稼働台数 台数
最低台数での
利用価格感
数万円/年 Online: 数万円/年
Offline, Intra: Onlineの半額
数百円/月 PC Maticクラウド: 数十万円/年
プライベートクラウド:数億円/年
オンプレ: 数億円/年
販売体系 販社/直接 販社/直販 直販 federal版 指定販社
支払方法 請求書 請求書 クレジットカード 請求書
エンドユーザ
問い合わせ先
PC Matic
サポート窓口
PC Matic
サポート窓口
MSP事業者様 PC Matic
専任チーム
JAN 4573161500208 4573161500482 -- --
その他 法人版機能 戻る