その他の快適化方法 / PC Matic

ソフト利用廃止での快適化方法

電子メール利用をクラウド化する

パソコンでの主な利用が「電子メール」「ウェブサイト閲覧」となっています。
今日においては、これらの利用によってパソコンが遅くなってくる最大の理由が電子メールに起因しています。Outlook expressなどのメーラーでの利用を継続していくと、電子メール本文の他に添付されているファイル等がどんどんパソコン本体に蓄積されてきます。1年も経過すると、GB単位の容量になってしまいます。

また、電子メールソフトのデータ保管場所が、Windowsが保管されているのと同様のCドライブのままの場合が多く見受けられます。
これはWindowsが利用することができるハードディスクの空き領域をどんどん小さくしてしまい、やがてパソコン全体の動きを遅くする最大の理由となります。

更にパソコンのハードディスクが壊れて、過去の電子メールの情報がなくなり困った経験をお持ちの方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

「パソコンのハードディスクを圧迫する電子メールソフト」+「ハードディスク異常により電子メールが消滅してしまうリスク」の両面を解決するのが、gmail、HotmailやYahoo!メールなどのクラウド型電子メールサービスです。
最近、良く耳にする「クラウド」による電子メールサービスは、パソコンを遅くしてしまうことを解決するだけでなく、パソコンが壊れた場合にも安心できるサービスです。また、これらの多くは無料で提供されているのです。使わない手はないとおもいませんか?

これらのサービスは、パソコン上に電子メールデータをダウンロードすることなく動作するため、パソコンに負荷をかけることがありません。

メリット

デメリット

ファイル蓄積をクラウド化する

Dropbox

ファイル共有の遅さにイライラしたことはありませんか?
Dropboxは、2GBまでのファイル空間をクラウドを通じてストレージする仕組みです。複数のPCを利用している環境にて、ファイルサーバ経由でファイルをやり取りする場合には、同一ネットワーク内であればファイル取得が可能ですが、外出先などではファイルを取得することができない環境であることが多いようです。しかし、このDropboxを利用すれば、ファイル共有およびバックアップがインターネット回線さえあれば可能となります。

MediaFire

巨大なファイルを電子メールに添付すると、受け取る側が携帯電話回線を利用した接続の場合には、業務に支障をきたしてしまうことがあります。このため、可能な限りファイルの受け渡しはクラウドを利用してリンクのみを相手に通知すると大変便利です。
Media Fireは、1つのファイルサイズが200MBまでであれば、無制限にファイルを蓄積し渡すことができるサービスです。ダウンロード件数に制限はなく、リンクを相手に伝えるだけの手軽さです。