動作は安定してますか?

そんな方には、パソコンの状態を無料診断してくれるPC Maticをオススメします。
無料診断ソフトPC Maticのご案内

TOP > FAQ> Windows系

Windows 11/10 で適用済のWindows updateファイルを削除しディスク空間を空ける

Windows 11/10 では、Windowsの標準機能として、適用済のWindows updateファイルを削除する機能が実装されました。Windowsアップデートによってパソコンが不安定になっていない場合やディスク空間を空ける必要がある場合に利用します。

【Windows 10】

  1. {win]+[E]を押してエクスプローラーを起動し、Cドライブを選択します。

    launch Windows Explorer
  2. 「Cドライブ」をマウスの右クリックをしてメニューを表示し、「プロパティ」を選択します。次にプロパティの「ディスクのクリーンアップ」を選択します。
    select disk cleanup
  3. 「ディスククリーンアップの分析が開始されます。
    disk cleanup diagnostic
  4. 分析結果が表示されますが、下の方の「システム ファイルのクリーンアップ」を選択します。
    system file clean up
  5. システムファイルの分析結果が表示されます。Windows updateに関連するファイルを選択します。パソコンが安定して稼働しているのであれば、他の項目も全て選択をしてもかまいません。そして「OK」を押します。
    system file cleanup selection
  6. 確認画面が表示されますので、「ファイルの削除」を選択します。
    system file cleanup selection
  7. Windowsシステム関連の不要なファイルが削除され、ディスク空間が空きます。
    clean up system files

【Windows 11】

  1. 「スタート」メニューから「設定」を選択します。
    「スタート」メニューから「設定」を選択します。
  2. 「記憶域」を選択します。
    「記憶域」を選択します
  3. 「一時ファイル」を選択します。
    「一時ファイル」を選択します。
  4. 「以前のWindowsのインストール」や「Windowsアップグレードログファイル」を選択します。
    「以前のWindowsのインストール」や「Windowsアップグレードログファイル」を選択します。
  5. 「ファイルの削除」を押します。
    「ファイルの削除」を押します
  6. 「ファイルの削除」の確認画面が表示されますので「続行」を選択します。
    「ファイルの削除」の確認画面が表示されますので「続行」を選択します
  7. ファイルが消去されディスク領域が空いてきます。
    ファイルが消去されディスク領域が空いてきます。

戻る