TOP > FAQ> ブラウザ保護/WebShield

WebSheildとuBlock Originの違い

WebShieldは広告ブロック機能としてuBlock Originのエンジンを利用し、操作系をそのまま利用しています。しかし、独自開発のブラウザー侵入防止機能を豊富に加え、AD Guardなどの有償シグネチャーもライセンス権の範囲内で利用でき、提供機能が異なるブラウザー拡張機能です。対応ブラウザーも異なります。

WebSheildは、uBlock OriginのUIおよびエンジンの一部を利用し、PC Matic, Incにて開発した様々な保護機能と有償の阻止シグネチャーを追加した製品となっております。

このため、設定画面はuBlock Originが中心となっており操作方法も共通です。しかし、機能や広告ブロックのシグネチャーは、独自となっておりuBlock Originと異ります。

WebShieldはuBlock Originよりも、「マルウェア侵入防止」「詐欺サイト阻止」「詐欺広告非表示」「マイニング等のマルウェアスクリプト実行阻止」など脅威面に力をいれた製品になっています。WebShieldとSuperShieldの組み合わせにより、ドライブバイダウンロード攻撃など、様々な脅威へ多段のセキュリティ層(防衛線)でパソコンを強力に保護します。防御実績は、PC Magazine誌のロードテストにて実証されています。【 PC Magazine 悪質URL防御力テスト】

設計思想が異なるため、「拡張機能」として、どちらが勝っているという議論の対象となる製品ではございませんので、ご了承をいただければ幸いでございます。

戻る