-->
Javaアプリの起動ブロックされ警告表示される /PC Matic FAQ

TOP > FAQ> セキュリティ SuperShield

Javaアプリの起動ブロックされ警告表示される

Javaアプリケーションは危険であるため標準では起動許可を阻止しています。開発元が確認でき、なおかつ起動の必要があるアプリケーションである場合のみ、都度起動の許可を与える必要があります。

パソコン画面の右下にある緑色のシールドマークをクリックし、開いたメニューの「保護レベル」の中にある「Java を許可する」を選択します。

「Java を許可する」の前に「チェック印」がつくと、Javaアプリケーションが起動可能になります。次にJavaアプリケーションを起動します。Javaアプリケーションを終了したら、「Java を許可する」の「チェック印」を消して、不用意にJavaが起動できないよう標準設定をオフにしておいてください。

戻る