タスクトレイにあるSuperShieldのアイコンが緑色で2つ表示された、または表示されていたアイコンが消えた / PC Matic FAQ

TOP > FAQ> セキュリティ SuperShield

タスクトレイにあるSuperShieldのアイコンが緑色で2つ表示された、または表示されていたアイコンが消えた

SuperShieldの自動更新中に、この現象が発生します。正常な動作で更新中も保護されています。
またWindows update適用後にも、アイコン非表示現象が発生することが確認されていますが、保護は継続しています。

Windowsセキュリティセンターが一時的にセキュリティソフトが切断されたと誤検知することを回避するため、SuperShieldを起動したまま新たなバージョンのSuperShieldを重複して起動します。このため、自動更新中には、緑色のシールドアイコンが2つ見えることがありますが、30分程経過すると1つのアイコンになります。

Windows 10においては、更新後に新エンジンが稼働していてもパソコン起動時に実行されていたセキュリティソフトと別のプログラムであるため、自動更新後はタスクトレイ上からアイコンが非表示となることがあります。非表示となっていても稼働し続けていますのでご安心ください。パソコンを再起動することでアイコンが表示されます。

戻る