スーパーシールド保護、ブラックリスト保護の切換 / PC Matic FAQ

TOP > FAQ> セキュリティ SuperShield

スーパーシールド保護、ブラックリスト保護の切換

未監査ファイルの警告が多く表示される場合は、ブラックリスト保護方式へ切り換えてご利用ください。他社製セキュリティソフト(第二世代エンドポイントセキュリティ製品)と同一のブラックリストとヒューリスティックエンジンを併用したセキュリティ動作モードで稼働します。

ブラックリスト保護は、パソコン上でヒューリスティックエンジンを稼働させるため、スーパーシールド保護と比較して、パソコンの動作が多少遅くなりますのでご了承ください。私どもの調査では、PC Matic SuperShieldのブラックリスト保護でも、他社同種製品よりもパソコンに負荷をかけていないようでございます。

タスクトレイ上のアイコンにより、保護レベルを確認していただけます。
SuperShield保護スーパーシールド保護の状態

ブラックリスト保護ブラックリスト保護の状態

  1. Windows画面右下にあるタスクトレイ上の緑色の盾アイコンをクリックしメニューを表示します。

    SuperShieldメニュー
  2. メニュー上の「保護レベル」-「ブラックリスト保護」を選択します。

    SuperShieldのブラックリスト保護を選択
  3. 「ブラックリスト保護」へ切り換えるか確認の画面が表示されますので、「はい」を選択ください。

    SuperShieldからブラックリスト保護へ切り換える際の確認画面
  4. タスクトレイ上のアイコンが、ブラックリスト保護のアイコンに変わります。

    ブラックリスト保護
  5. ブラックリスト保護の状態でアプリケーションが起動阻止される場合は、悪質なプログラムとして判定さています。

    感染注意
戻る