ダウンロードしたファイルの個別スキャン方法 / PC Matic FAQ

ダウンロードしたファイルの個別スキャン方法を教えてください

ファイルアクセス監視を有効化することで、実行可能形式のファイルは、ファイルにアクセスされた段階でスキャンが自動実行されます。このため手動によるスキャンは不要です。USBなどによって受け渡されたファイルの手動スキャンを行いたい場合は、Explorerにてファイルをダブルクリックして起動許可を試みてください。未知のファイルである場合は、「24時間お待ちください」とのメッセージが流れクラウド監査が実行されます。問題ない場合は起動許可されます。問題がある場合は、即座に無害化されファイルが確認できなくなります。悪質なファイルをクリックしても、ウイルスに感染することはありません。

実行可能形式でないファイルをスキャンしたい場合には、タスクトレイ中のSuperShieldのアイコンを右クリックし、「保護レベル」-「ファイルアクセス監視」を事前にオンにしておくことで全てのファイルタイプをスキャン・保護する機能が働きます。

ウイルスがtxt形式で侵入し、別のアプリケーションでexeやdllなど実行可能形式として稼働する危険性がある場合は、この保護方式を有効化することで、よりセキュアになりますが、パソコンのパフォーマンスが極端に低下致しますので、常時有効化しておくことはお勧めしておりません。

また、ダウンロード時やUSBによって入手されたファイルを転送した際に、ファイルアクセス監視がオフであっても、パソコンの負荷が低い時に監査が自動的に行われ、問題のあるファイルは無害化され、未知のファイルはクラウド監査にまわされます。利用者は、日常的に「問題あるか」ということに気をつかわずに運用して脅威に晒されることがよう設計されていますので、この新設計のセキュリティエンジンに安心してお任せください。いままでの煩わしいセキュリティソフトでの使用方法は忘れてください。

USBメモリや外付けドライブにあるファイルムをスキャンするには

USBメモリにあるファイルをそのまま実行を試みて頂ければ、ウイルススキャンが実施されます。安全なアプリケーションと識別されていなければ、起動しません。このため、面倒な処置をすることなくご利用頂けます。

それでも監査したい場合には、USBメモリを装着した上でPC Maticを起動し、管理画面の「オプション」から「Selective」を選択し、「マルウェア検知ドライブの選択」にて、USBメモリのドライブを指定して診断と最適化を実施してください。

PC Maticでは、アプリケーションを起動する前に「ホワイトリスト」「ブラックリスト」「ヒューリスティック」の3つのエンジンで分析を行います。
一般的なセキュリティ対策ソフトでは、ヒューリスティックスキャンで合格したアプリケーションの起動を許可しますが、PC Maticでは、起動を許可せずブロックします。その後未知のアプリケーションを、クラウド上で複数のヒューリスティック分析(ふるまい検知)を行うためにプログラムを転送します。
この時にクラウド上では世界中の未知のアプリケーションの情報が集まっており、 通常は15分~24時間程度で分析が完了し、転送したアプリケーションのみではなく、世界中のアプリケーションを分析した結果がブラックリスト、ホワイトリストに分類されます。
セキュリティの概要については、こちらをご参照ください

SuperShield
戻る