ダウンロードしたファイルの個別スキャン方法 / PC Matic FAQ

ダウンロードしたファイルの個別スキャン方法を教えてください

ダウンロードしたファイルは、ダウンロード完了後にリアルタイムでスキャンされます
実行可能形式のファイルは、実行時にスキャンされます。ダウンロード時に自動的にスキャンしたい場合は、SuperShieldオプションの「ファイルアクセス監視」をオンにしてください。このため手動によるスキャンは不要となっています。

実行可能形式でないファイルをスキャンしたい場合には、タスクトレイ中のSuperShieldのアイコンを右クリックし、「保護レベル」-「ファイルアクセス監視」を事前にオンにしておくことで全てのファイルタイプをスキャン・保護する機能が働きます。
ウイルスがtxt形式で侵入し、別のアプリケーションでexeやdllなど実行可能形式として稼働する危険性がある場合は、本方式を取るとよりセキュアになりますが、パソコンのパフォーマンスが低下致しますので、ご了承ください。

USBメモリや外付けドライブにあるプログラムをスキャンするには
USBメモリにあるファイルをそのまま実行を試みて頂ければ、ウイルススキャンが実施されます。安全なアプリケーションと識別されていなければ、起動しません。このため、面倒な処置をすることなくご利用頂けます。

それでも監査したい場合には、USBメモリを装着した上でPC Maticを起動し、管理画面の「オプション」から「Selective」を選択し、「マルウェア検知ドライブの選択」にて、USBメモリのドライブを指定して診断と最適化を実施してください。

PC Maticでは、アプリケーションを起動する前に「ホワイトリスト」「ブラックリスト」「ヒューリスティック」の3つのエンジンで分析を行います。
一般的なセキュリティ対策ソフトでは、ヒューリスティックスキャンで合格したアプリケーションの起動を許可しますが、PC Maticでは、起動を許可せずブロックします。その後未知のアプリケーションを、クラウド上で複数のヒューリスティック分析(ふるまい検知)を行うためにプログラムを転送します。
この時にクラウド上では世界中の未知のアプリケーションの情報が集まっており、 通常は15分~12時間程度で分析が完了し、転送したアプリケーションのみではなく、世界中のアプリケーションを分析した結果がブラックリスト、ホワイトリストに分類されます。
セキュリティの概要については、こちらをご参照ください

SuperShield
戻る