スケジュール機能で自動最適化の設定方法 / PC Matic FAQ

スケジュール機能で自動最適化の設定方法

PC Maticはスケジュール機能による自動最適化が行えます。パソコンが遅くなってくる原因を排除したり、脆弱性対策バックグラウンド(影で起動してこっそり行う)で行います。毎週等、定期的にバックグランドで自動実行させ、「性能向上」「速度」「安定性」「セキュリティ」という パソコンを使う上での安心・快適さを常にお届けします。

スケジュールスキャン
パフォーマンス最適化機能ソフトは、パソコンが遅くなったと感じたときに一時的に利用するソフトウェアではありません。
Windowsは結果的にパソコンを徐々に遅くしてしまう仕様となっているため、パフォーマンス最適化機能の定期的な利用が必要です。
PC Maticが持つパソコンのチューニング機能を定期的に自動実行するように設定することで快適な利用を継続することができます。また、現在操作しているパソコンだけでなく、同一アカウント上で管理しているすべてのパソコンに対してスケジュール設定を行うことができます。したがって遠隔地にあるパソコンの管理も可能となります。

発売元のPC Pitstopは、PC Maticのスケジュールスキャンで週に一度の最適化実行をお勧めしております。(手動実行時において結果画面の右側にあるボタンを1クリックするだけで、推奨値である毎週のスケジュールスキャン実行が設定されます)

  1. PC Matic管理画面の「マスター・スケジューラ」をクリックします。
    マスタースケジューラをクリック
  2. PC Maticで管理している管理対象の全てのパソコン一覧が表示されます。

    現在ご利用中のパソコンが左上に表示されます。定期スケジュールが設定されていないパソコンはピンク色で表示されます。

    パソコン一覧の表示
  3. スケジュール設定をしたいパソコンの左側にある□を選択します。

    複数のパソコンに対して共通のスケジュールを設定する場合には、複数を選択してください。次に「個別設定」ボタンを押します。

    スケジュール設定したいパソコンを選択
  4. 現在設定済のスケジュール一覧が表示されます。

    不要なスケジュールは、スケジュールの右側にある「×印」ボタンを選択して削除してください。新規にスケジュール設定する場合は、「新規スケジュール設定」を選択します。

    設定済スケジュール一覧の確認
  5. スキャンを行う時間や周期を選択ください。

    実施時刻の設定は、スキャンを実施するパソコンで設定されているタイムゾーンとなっています。スケジュールスキャンが実施されない場合には、パソコンの日付と時刻だけでなくタイムゾーンが正しく設定されているかをご確認ください。
    SSDドライブを実装している場合は、設定の可否に関わらずディスク最適化の実行はスキップされます。
    「ベンチマークの実行」を「オン」にするとWORLD RANKの測定がされますが実行時にパソコンが少し遅くなります。
    ドライバの更新を行いたくない場合には「ドライバの更新」を「オフ」にします。
    最後に「保存」を押してスケジュールを設定します。

    スキャン時刻や周期の設定
  6. スケジュールが一覧に追加表示されます。

    確認後右上の「×」を押して画面を閉じます。

    設定したスケジュール一覧が表示される
  7. 「ホーム」を押して元の管理画面に戻ります。
    ホームを押して元の画面に戻る
  8. 「このコンピュータ」にある「次回のテスト」に日付や明日などの記述があるか確認してください。

    記述があるとスケジュールが設定されている状態です。

    設定の確認
戻る