CVV2が異なると表示され決済できない / PC Matic FAQ

CVV2が異なると表示され決済できない

VISAやMaster、JCBカードをご利用の方はカード裏側、アメリカンエキスプレスをご利用の方はカード表面にある3~4桁の番号「セキュリティコード(CVV2)」が入力時に間違っていないかご確認ください。

PC Maticでは、VISA/Master/アメリカンエキスプレス/JCBおよびその提携カードをご利用いただけます。

認証番号セキュリティコード(CVV2)は、クレジットカード番号に加えてカード保有者であることをサイン以外の方法で識別するためのコードです。クレジットカードの表か裏に3~4桁の数字で印刷されています。 クレジットカードのサイン欄に記載されている7桁の数字のうち下3桁になります。AMEXカードでは表面のクレジットカード番号の右上に印刷されている4桁の番号です。クレジットカード番号や暗証番号とは異なりますので、ご注意ください。

CVV2

CVV2 は、不正防止のため「カード保有者であることの確認」と「入力したクレジットカード番号が正確であるか」2つを判別する役割を果たしています。不正防止のために CVV2 による認証はすべての人の役に立っています。

電話番号は、0312345678の形式で記載ください。+や-が含まれているとこのエラーが表示されます。
その他のエラーである可能性もございますので、サポートまでお問い合わせください。

戻る