Windows 10 がブルースクリーンになった際の復旧方法 / PC Matic FAQ

動作は安定してますか?

そんな方には、パソコンの状態を無料診断してくれるPC Maticをオススメします。
無料診断ソフトPC Maticのご案内

TOP > FAQ> Windows系

Windows 10 がブルースクリーンになった際の復旧方法

Windows 10 の月例Windows update配信にて、ブルースクリーンになる事象が増加しております。本復旧方法により、場合によっては導入済アプリケーション、ファイルをそのままに復旧していただけます。復旧方法は症状により大きく2通りあります。

Windows 10が起動可能な場合

  1. セーフモード(「設定オプション」-「スタートアップ設定」)を選択してWindows 10が起動したり、Windows 10は起動するもののUSBマウスが利用できない場合には、以下の方法で復旧させることができます。
    利用可能な別のパソコンにて、「Windows 10 アップデート アシスタント」にて、最新のWindows 10 ISOファイルを取得し、Windows 10を上書きインストールします。作成には、DVD-R 1枚が必要です。次のリンクWindows 10のディスクイメージ(ISO)のダウンロードを開き「エディションの選択」から、DVD-ROM用のISOイメージをダウンロードし、インストールメディアを作成します。
    Windows 10 アップデート アシスタント
  2. 先のリンクは、MacもしくはLinuxからダウンロードする必要があります。Windowsでアクセスすると以下の移行ツールとなりますが、別のものです。Windows 10 ISOファイルを取得するためには、上の画面から入手する必要があります。Windowsパソコンしか手元にない場合は、Google Chromeに「User agent switcher」をインストールし、Chrome on Macモードに切り換えてダウンロードしてください。
    Windows 10 移行ツール
  3. 「日本語」を選択します。
    日本語
  4. ダウンロードする版を選択します。
    選択
  5. ISOファイルを入手したら、DVD-Rに焼きます。また、修復が必要なパソコンが辛うじて動作可能な場合は、isoマウントすることで迅速な復旧も可能です。ISOマウントする場合は、エクスプローラーで開きファイルをクリックして選択します。エクスプローラーの上部に「マウント」を押してマウントします。「書き込み」を押して、ここでDVD-Rに焼くことも可能です。
    ISOマウント
  6. ISOをマウントして復旧する場合は、マウントしたドライブにある「setup.exe」をそのまま実行します。
    マウント直実行
  7. いくつかの画面変遷を経た後、「更新プログラム」などの画面が表示されます。いずれかを選択して「次へ」で次に進みます。
    更新プログラム
  8. 「ライセンス条項」が表示されますので、「次へ」で次に進みます。
    ライセンス条項
  9. 「インストールする準備ができました」で、「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」が表示されているか確認をし、「インストール」を押します。
    インストール
  10. これで、ブルースクリーンで利用不能になったパソコンに、「アプリケーション」「文書などのファイル」が残されたまま復旧します。ブルースクリーンの原因となったアップデートも適正に適用された状態となります。

ブルースクリーンで操作不能な場合

Windows updateが原因で発生した場合は、このWindows updateをブルースクリーンの中のメニューにある「コマンドプロンプト」を利用してアンインストールすることで復旧できることがあります。まずはネットでKB名を指定して検索してみてください。

復旧させる方法としては、Windows 10のPCを初期化するを利用する方法と、パソコンメーカのリカバリーディスクを用いる場合の2通りあります。

どちらの方法を選択してもインストール済のアプリケーションは全て削除されますが、Windows 10のPCを初期化するを利用する方法では、保存済のファイルを取得することができますので、保存済のファイルを取得する必要がある場合は、「Windows 10のPCを初期化するを利用する方法」で、個人ファイルを残したままで復旧してください。 Windows 10 を初期化する手順

ただし、Windows 10のPCを初期化するを利用する方法では、Windowsが安定した状態で復旧しないようです。ファイル取得後に、再度Windows 10のPCを初期化するを利用する方法のうち、「すべてを削除する」を選択して完全初期化を実施してください。また、チップセットドライバーなどパソコンを稼働する上で必要なドライバー類がなくなりますので、パソコンメーカのサポートページからダウンロードして導入する必要かあります。

このため、お勧めの手順としては

  1. Windows 10のPCを初期化にて「個人ファイルを保持」して復旧
  2. 必要な個人ファイルをUSBドライブなどに移動・保管する
  3. パソコンメーカによるリカバリーディスクを用いて工場出荷状態に戻す
  4. Windows 10のアップデートを行い、最新版にする
  5. 必要なアプリケーションをインストールする
  6. 個人ファイルをパソコンに戻す

復旧方法として、「スタートアップの修復」「イメージでシステムを回復」「システムの復元」もありますが、うまく機能しないことが殆どのようです。 戻る